20090626

ViZiMo*movie「Girl's Adventure in Confused World」

時=時空をこえて様々なおとぎ話の世界をめぐるmovieです。
おとぎ話を通して童心に帰れたらいいなという想いで制作しました。

長いので2倍速になっています。

想像力のなさと、相次ぐパソコンの不具合に阻まれながらも一生懸命つくりました。

時間の関係で無理やり終わらせてしまったのと BGM制作に手が回らなかったのが心残りです。

タイトルは不思議の国のアリスのパロディにしてみました。



20090611

ViZiMo*中間報告

▼ViZiMO課題概要▼

「時をカケル空間」
・・・掛ける、賭ける、駆ける、描ける・・・?

ViZiMOでは、GUI(グラフィカルユーザインターフェイス)を用いて、
物理法則などを利用したインタラクティブな空間を手軽につくることができる。
インターネット上で公開されたViZiルームでは、作り手が知らないうちに”いつかどこかのだれかが”遊んでいる。
時間と空間を越えて、創意工夫した内容を伝えられる、すぐれたエンターテインメント・プラットフォームである。

また、昨年の先輩たちの作品をみてわかるように、
ViZiMOは映像制作のプラットフォームとしても有効に機能する。
コンセプチュアルな映像を手軽に制作し、YouTubeなどにアップすることで”いつかどこかのだれかに”
コンセプトを伝えていくことが可能である。

今回の課題では、このプラットフォームの特長を「時をカケル空間」と言い表してみたいと思う。
実際の制作においては、


「時をカケル」・・・掛ける、賭ける、駆ける、描ける・・・?

という言葉にインスパイアされた方向に向かって、クリエイティビティを推し進めて欲しい。
遊ぶ人/観る人に、時間や空間に関する新鮮なイメージを与えるような作品を作ろう。

■ 最終目標
セットをつくって、アバターに芝居させる
    ↓↑この間のどこかに着地 
インタラクティブな空間/ゲームをつくる
最後はムービーにして、YouTubeで公開することとします。


******

使用できるアイテムを見て、森や川など

物語に出てきそうな空間を作成したいと感じたので、

いろんなおとぎ話のセットをつくって、物語を行ったり来たり

自由に動き回るようなムービーを作りたいと思っています。



巨大な森に迷い込んだイメージ。



とりあえず小屋を作ってみました。

色など工夫したらお菓子の家なども作れるのでは...?と思っています。